マカフィーと解約

マカフィーの使用期限が近づいたらどうするか、そのまま使用継続するならば放置してもかまわないと思いますが、もし他のセキュリティツールに移行するなどの予定があれば解約処理をしなければなりません。
また解約には専用のメニューなどがWEBに無いようですので、ちょっと不安ですがFAQなどのページから文章を入力するか、電話でのサポートに任せることでも解決できます。
その他には解約の約1ヶ月以前に解約を申し込まないと損をするようです。つまりマカフィーのサービス契約が満了する日の1ヶ月前の時点で更新手続きに入ってしまうようです。
またよくあるのがパソコンを破棄してしまってから気付くケースですが、やはり電話でのサポートが必須です。名前や住所、そしてメールアドレスなども覚えておいたほうがいいでしょう。
もっとはっきりと解約の方法について提示してほしい、という方も多いようですが、間違えて解約をされてしまうような危険もある、ということも言えます。マカフィーから他のツールに移行する場合も解約方法についてしっかりと覚えておくべきでしょう。契約手続きが何故必要かも問題かもしれませんが、常にパターンファイルを配付するなどの処理もあります。

Posted in マカフィー, メンテナンス・更新 | コメントは受け付けていません。

ウイルスバスター10.6とアップデート

ウイルスバスターのコーポレートエディション、そのバージョン10.6では、複数のアップデート方法を選択することが可能です。まず通常はこのパターンが最も多いと思われますが、ウイルスバスターコーポレート10.6のサーバをアップデート元にする、という方法です。LAN内にあるサーバを更新しておけば、かなり迅速にアップデートが可能です。
その他は外部のネットワークを使用します。それぞれアップデートエージェントをアップデート元にする、またActive Update サーバをアップデート元にする、と、Trend Micro Smart Protection Serverをアップデート元にする、という方法があります。
このうちコーポレートのサーバを使用する場合は、Webで管理コンソールを開き、トップページ左側メニューからアップデート→ネットワーク上のコンピュータ→アップデート元、と選択します。次に標準アップデート元のところでウイルスバスター Corp.サーバからのアップデート、を選択します。
それぞれのウイルスバスター10.6に通知が渡れば終了です。クラウドベースではないため最速ではありませんが、やはり組織での方法としては最適でしょう。

Posted in ウイルスバスター, メンテナンス・更新 | コメントは受け付けていません。

マカフィーでインターネットに接続できない

セキュリティツールを使用していると思わぬ障害が起こることがある、とよく言われますが体験者も多いようです。最悪のパターンとしてはパソコンが起動できなくなった、などという事件も過去にあります。またタイミングが悪いとどうしても嵌ってしまいます。
マカフィーでもインターネットに接続できない、という件がありました。これはパターンファイル、つまり最新のウイルス情報を定義した大事なファイルをアップデートした直後に起こる、というものですが、マカフィーのセキュリティセンターメニューを開こうとしてもエラーが表示されて内容がつかめなかったようです。
パターンファイルが原因でインターネットに接続できない場合は、まず修復ツールを使用することができたようです。実行ファイルを入手してから実行すれば、という感じですが、再起動や再起動時にファンクションキーを乱打しなければならない、とかなり面倒です。またこのことでブラウザーを開いてインターネット接続を確認できればいいのですが、これでも接続できない可能性があるということで、最終的にはマカフィーをアンインストールしてから、再起動をし、またインストールして新しいパターンファイルに切り替える、ということが必要になります。

Posted in エラー・トラブル, マカフィー | コメントは受け付けていません。

ウイルスバスターと月額料金

ウイルスバスターには月額版、というものがありますが、これは最近の例ではウイルスバスター2012と同様にクラウド対応で、また1本のライセンスでパソコンが3台まで利用できる、という点も同じようです。
月額料金は420円となっています。つまり1年で約5千円ということになりますが、通常のライセンスを購入するよりは高めです。あるいはアカデミー版などはもっと安くなります。この月額料金に比して、それ相応のメリットはあるのでしょうか?
まず月額版ですから、月ごとに更新になりますが、実はインターネットサービスプロバイダーが提携しているものが主流のようです。つまりプロバイダー料金に一括で請求を済ますことができますので、利用者としてはとても便利です。また期限切れの心配もありません。プロバイダーが途切れればセキュリティの心配も無くなりますし、更新の手続きが不要となれば、プロバイダーに接続していれば常に安心、ということも言えるでしょう。
ウイルスバスター月額版もクラウド版ですから、やはり動作も軽快です。パターンファイルをクラウドに集中して管理することで、特に新しいウイルスに対する検出率が高まります。月額料金が高い、ということで検討する方もいると思いますが、初心者にとってはやはりうってつけです。

Posted in ウイルスバスター, 比較・検討・料金 | コメントは受け付けていません。

ノートン360バージョン6.0プレミアムエディションについて

世の中には星の数ほどのコンピューターウイルスがあると言われています。
そんな膨大なコンピューターウイルスからパソコンを守るためにはセキュリティソフトが必要不可欠です。
セキュリティソフトの中でも世界中で利用されているのがシマンテックのノートンインターネットセキュリティですね。
その中でも最新の製品となっているのがノートン360バージョン6.0プレミアムエディションです。
やたらと長い名称ではありますが、ノートン360というのはインターネット上の様々な脅威に対抗できる総合的なセキュリティソフトです。
ウィルスやスパイウェア、ボット、フィッシング対策はもちろん、個人情報の保護、
そしてパソコンのデータをバックアップしたりパフォーマンスの最適化といった機能までついています。
このノートン360のバージョンが6.0でプレミアムエディションだというわけです。
プレミアムエディションと通常版の違いというのはバックアップに利用することができるオンラインストレージの容量にあります。
通常であればオンラインストレージは2GBなのですがプレミアムエディションの場合だと25GBまで利用することができるわけですね。
総合的なセキュリティを求めるならノートン360バージョン6.0プレミアムエディションがおすすめですね。

Posted in ノートン, 比較・検討・料金 | コメントは受け付けていません。

マカフィーとなりすまし

セキュリティ対策をする上で重要なものの1つが、なりすまし対策です。たとえばSNSなどでもログインパスワードを盗んで悪用したり、または公共の場にあるセキュリティ対策されていないパソコンから情報を盗まれた、というケースも多いようです。
セキュリティツールはただ利用すればいいのでありません。例えばマカフィーになりすました製品、というものが存在します。
マカフィーではなく、英語でMaCatte、という名前でほとんどユーザインターフェースも変わらない、というものも現実に存在します。デザインが違うのであればやはり気付くだろう、という方も多いですが、今後どのようななりすましが起こるかわかりません。他にもマカフィーのアイコンまで同じようなアンチヴァイルスソフトも有名です。これらのなりすましツールはもしかしたらすぐれた性能を持っているのではないか、などとも考えがちですが、実際はほとんどが基本的な防護すらできていない、とも言われています。
また公共の場にあるパソコンに同様のツールが入っていたとしたら、気付くケースも少ないでしょう。同じパソコンの中に他にも悪意のあるデータ盗難用ツールが仕掛けられていることも充分に考えられます。

Posted in マカフィー, メンテナンス・更新 | コメントは受け付けていません。

ノートンの再ダウンロードとインストール

セキュリティソフトのノートンインターネットセキュリティをパソコンにインストールして使っているという方は多いかと思いますが、
使っていく中でいろいろとエラーが出て使えなくなってしまうなんていうこともあるかと思います。
あるいはインストールそのものができないなんてこともあるようです。
そういった場合の解決方法というのはいろいろとありますが、
とりあえずの方法として再ダウンロードをしてインストールし直してみるという方法がありますね。
ノートンインターネットセキュリティに限らずですが、こういったソフトというのは意外とこの方法で解決することが多いです。
再ダウンロードについてはソフト自体はいくらでもダウンロードできるのでお金がかかるなんていうこともありません。
ただ注意したいのは再ダウンロードしてインストールをし直す前に残っているソフトをしっかりとアンインストールすることです。
ノートンのソフトについては専用の削除ツールというのがありますので、
ノートンのサイトからまずそれをダウンロードして完全にアンインストールを完了させましょう。
それから再ダウンロードを行いインストールをし直してみると良いでしょう。
それでも解決しないということであれば詳しい原因を調べる必要があります。

Posted in ノートン, メンテナンス・更新 | コメントは受け付けていません。

ウイルスバスターのポップアップを消す

ウイルスバスターを使用していると、たまにですがポップアップが表示されることがあります。この場合のポップアップはウイルスの検出に関わるものではなくて、広告レベルのものですが、できれば出ないようにしたい、という方も多いようです。ポップアップは発売元からのキャンペーン情報などが主な内容ですが、やはり神経質になる、消すべき、という方もいるでしょう。
また消す方法として、ウイルスバスターのメイン画面を起動してから、右側にアップデート/ユーザ登録、というメニュー項目がありますのでまずこれをクリックします。次に真ん中あたりにアップデート設定というものがあります。ここでインテリジェントアップデート、というところの時間を設定できます。また同じウインドウにアップデート確認メッセージのチェックボックスがありますので、これを外します。インテリジェント~の部分は何時間おきにアップデートするか、の設定になります。
ポップアップは必要最小限、というような設定項目があると便利なのですが、これはできないようです。またそれほど頻度が高いものではないようですので、たまにウイルスバスターの広告でも表示されれば意識的になれる、という方もいるでしょう。あるいはやはり消すべき、とポップアップ自体を毛嫌いしている方も多いようです。

Posted in ウイルスバスター, メンテナンス・更新 | コメントは受け付けていません。

マカフィーと無料体験版

マカフィーのセキュリティツールには無料体験版があります。他のメーカーでもほぼ同様に用意されていますが、30日のものもあれば90日のものもあります。ひとまずインストールしてみて、どのような使い勝手か、あるいはメモリの使用状況はどうか、などの検証に役立ちますし、他の製品と比較する場合にも有用です。
無料体験版はマカフィー製のインターネットセキュリティや、トータルプロテクション、またはオールアクセスなどでも利用できます。
この中で最新のオールアクセスはやはり注目したい製品です。パソコンだけではなくタブレットやスマートフォンにも使用できるようです。つまり1つのライセンスで全てにアクセスできるタイプです。
オールアクセスの無料体験版は30日のようですが、もちろん実際の製品版とまったく同じ機能を搭載しています。実際の機能を同じように体験することができます。プロテクション内容もほぼ全てのものを網羅しているようです。ウイルス検知からスパムやファイアーウォール、フィッシング予防などにも最適です。
無料体験版を使用していると、残りあと何日、という通知がマカフィーから来るようになりますので、慌ててアップデートするようなこともなく安心です。

Posted in マカフィー, 比較・検討・料金 | コメントは受け付けていません。

ノートンのプロダクトキーの場所は

シマンテックのノートンインターネットセキュリティを購入したら当然まずはインストールするわけですが、
ただインストールしただけではアクティブにはなりません。
ノートンは有料のソフトなわけですからインストールしたあとにプロダクトキーを使ってアクティブにしなくてはいけません。
正規に購入したものであれば必ずこのプロダクトキーというパスワードがついていますので、それを入力して初めて使用することができます。
ではこのプロダクトキーの場所はどこなのか?ということになりますね。
購入方法によってプロダクトキーの場所が異なるので結構迷うかたも多いようです。
購入方法ごとのプロダクトキーの場所を確認してみましょう。
CD製品の場合であれば保護袋の裏、あるいは説明書などの挿入物に記載されています。
DVD製品の場合はDVDパッケージに記載されています。
シマンテックストアからダウンロード購入したという場合であればシマンテックストアから送られてくる電子メールに記載されています。
パソコン購入時にすでにインストールされているという場合、アクティブ化処理中に提供されるのでノートンアカウントを作成して保存しましょう。
カードを受け取ったという場合はそのカードに記載されています。
これらのキーは再インストールの際などにも必要ですから捨ててしまわずに保管しておきましょう。

Posted in ノートン, メンテナンス・更新 | コメントは受け付けていません。