ウイルスバスターとdump

ウイルスバスターを導入している場合、システムドライブ、あるいはウイルスバスターをインストールしたドライブの容量が一気に増えてしまうことがあります。またこの場合ウイルスバスターがきちんと起動しているかどうか注意が必要です。
特にdumpというファイルがサイズがどんどん膨らんでいるケースでは、システム的に問題が起こっていると考えられます。もしウイルスバスターを落とした状態でファイルを削除することができた場合でも、また起動すると起こる、といういわゆる悪循環になるケースがほとんどのようです。
dumpファイルですから安直に考えればエラーでダンプファイルが生成されていますが、サイズがどんどん増えていくのは明らかに変です。トレンドマイクロのウイルスバスターサポートのツールが入っている場合は、それを利用してサポートを受けることができます。
またこのdumpファイルのエラーの例は、ウイルスバスター2011で起こる例が多いとも言われていますが、2012の場合でも起こるようです。2011を完全に削除していないことが問題かもしれません。トレンドマイクロに事例としっかりした訂正例があればいいのですが、このあたりはどうなるかはっきりとはわかりません。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: ウイルスバスター, エラー・トラブル パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク