ノートンのエラー、3048 3

スポンサードリンク

ノートンのインターネットセキュリティを使用していると、
3048 3というエラーコードでメッセージが表示されることがあります。

これはノートン製品が正常に動作していない
ことを示すエラーのようですが、
3048 3の場合はなんらかの手動での解決策が必要である、
という意味のようです。

またノートンのサイトでは、この3048 3エラーについて、
なんらかの脅威が問題で大切なサービスがメモリに常駐していない
という意味のようです。

つまりサービスが無いのですから、
もしかしたらウイルス検知用のサービスかもしれませんので、
できるだけ早期の対応が必要と言えます。

この解決のためには、

ノートン パワーイレイサー

というツールを使用してユーザ側で対応することが可能です。

ダウンロードすればデスクトップ上で
NPE.exeというファイルが保存されますので、
ファイルをダブルクリックするとリスクをスキャンし始めます。

またルートキットスキャンもしますので、
終了したら再起動が必須です。

脅威の内容によってはノートン パワーイレイサーで
削除できない可能性もあるようです。

脅威とはこの場合どのようなものなのか、
ウイルスなのか、あるいはシステムの不具合なのかわかりませんが、
おそらくどのような状況をも脅威と表現しているのだと考えられます。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: エラー・トラブル, ノートン タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク