ノートンと自動更新、返金

スポンサードリンク

ノートンのツールをダウンロードで購入した場合に自動的についてくるのが、自動更新のサービスです。これはいわゆるノートンのライセンスの有効期限が自動で延長してしまうものですが、ダウンロード版の場合はこのデフォルトの決まりを変更することもできません。つまり忘れていると、1年経ってもクレジットカードから延長料金が引かれることになるわけです。
また更新の37日前になると自動延長の案内がメールで届きます。つまりこの時点でどちらにするのか決めるのがタイムリミットとも言えるでしょう。また場合によってノートンをアンインストールすれば自動更新されない、と間違った認識をしてしまう場合も多いようです。
では自動更新してしまったら返金はどうなるのでしょうか?これにはシマンテックのサポートにその旨を電話で伝える必要があるようです。つまり電話で申し立てないと返金はされませんので要注意です。
返金処理は面倒です。また更新は契約段階で決めておくのが理想、という方は多いと思います。しかし、オンラインストレージでもそうですが、アメリカのソフトウエアベンダーのものはこのような決まりは通用しない、ということも可能です。となるとセキュリティツールについてはほとんどがそうですが、やはりしょうがないことともいえます。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: ノートン, メンテナンス・更新 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク