ノートンと検疫

ノートンのセキュリティ製品では、もしウイルスを発見した場合、そのウイルスにかかってしまったファイルは自動的に検疫処理がされます。この検疫とは、コンピューター内部の安全な場所にウイルスやマルウェアにかかったファイルを保存するということになります。またファイルはそのものを手放してもウイルス化することはありません。
ではノートンで検疫されたファイルはどうなるのでしょうか?これはユーザが意図しない限りずっと保管されることになるようです。またもしファイルが大事なファイルであったら、つまり、ウイルスでないものをご認識してしまったような場合は、手動で元に戻すことも可能です。
ノートンインターネットセキュリティの場合は、コンピュータ保護というところから検疫をクリックし、セキュリティ履歴から復元したいファイルを選択することができます。この中にオプションが出てきますので、ファイルを復元、をクリックするだけです。
検疫の他にはクリーニングという言葉もありますが、これはファイル全体が冒されてしまったのではなく、一部のコードを取り去れば復元するような場合に用いられます。
あまり使用することがないようにしたい機能ですが、やはり一応は知っておいて損はないでしょう。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: ノートン, メンテナンス・更新 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク