ノートンとホームネットワーク

スポンサードリンク

ノートンのセキュリティツールをインストールすると、それまでは使用できていたLAN内のデバイスが見れなくなることがあるようです。これをホームネットワークの障害とも言われますが、もちろん設定を変更すれば元に戻すことができます。つまりインストール後の初期設定でがっちりとガードしている、と考えるのが無難なようです。
インストールするとノートンのアイコンがデスクトップにできますので、それをクリックすると、インターネット、というところにホームネットワークの表示が出ます。それをクリックして、ネットワークセキュリティの概要、というところに移動します。次にネットワークセキュリティマップを開くと、以前使用できていたネットワーク上のTCPノードが表示されます。NASでもルーターでもすべて表示されますので、その中から使用したいノードを選択し、保護、になっていれば通信できないことを意味します。つまり保護はデフォルトの信頼レベルですので、完全な信頼、に変更すると使用できるようになります。もちろんホームネットワークの相手のノードのセキュリティ設定までは変更されていませんのでここからは安心して使用できると思います。
かなり強固なガードかもしれませんが、ノートンのメニューをしっかり見るとわかると思います。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: ノートン, メンテナンス・更新 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク