ウイルスバスター10.6とアップデート

ウイルスバスターのコーポレートエディション、そのバージョン10.6では、複数のアップデート方法を選択することが可能です。まず通常はこのパターンが最も多いと思われますが、ウイルスバスターコーポレート10.6のサーバをアップデート元にする、という方法です。LAN内にあるサーバを更新しておけば、かなり迅速にアップデートが可能です。
その他は外部のネットワークを使用します。それぞれアップデートエージェントをアップデート元にする、またActive Update サーバをアップデート元にする、と、Trend Micro Smart Protection Serverをアップデート元にする、という方法があります。
このうちコーポレートのサーバを使用する場合は、Webで管理コンソールを開き、トップページ左側メニューからアップデート→ネットワーク上のコンピュータ→アップデート元、と選択します。次に標準アップデート元のところでウイルスバスター Corp.サーバからのアップデート、を選択します。
それぞれのウイルスバスター10.6に通知が渡れば終了です。クラウドベースではないため最速ではありませんが、やはり組織での方法としては最適でしょう。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: ウイルスバスター, メンテナンス・更新 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク