ウイルスバスターと学割

ウイルスバスターは学割でも購入できるようですが、例えばアカデミックプライス、というようなシールが貼られている場合は、4年間のライセンスが入っていて9千円程度のようですから、かなりお値打ちでしょう。ノートンのセキュリティツールと比較してみると、ノートンの場合は1年のライセンスで3千円程度ですから、約3千円はトクすることになります。また4年間の学割を購入し、その後アップデートする場合も通常のライセンスと同様の権利がもらえるようです。
また他にも新春キャンペーン、というものがあったようですが、ウイルスバスターダウンロードの3年版について、プラスで2ヶ月の無料ライセンスがついてきます。
もちろん学割といえばパソコンのベンダーも多くが学割で半額、などのサービスを実施している場合も多いですから、学生さんがうらやましい、という方も多いようです。
パソコンにはウイルスバスターなどのツールは必須です。その他にはオフィスがありますが、最近はマイクロソフトのオフィスと互換性が高いものがフリーで着いてくるものが多いようです。ハードディスクではssdタイプが人気のようですが、ウルトラブックとウイルスバスターをセットで欲しい、という若い方も多いようです。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: ウイルスバスター, 比較・検討・料金 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク