ウイルスバスターとmicrosoft security essentials

スポンサードリンク

セキュリティツールといえば、やはりサードベンダーから提供されているものを使用するのが定則でしたが、最近はマイクロソフトからも提供されているようです。
これはmicrosoft security essentialsというものですが、ウイルスバスターを導入していてライセンスが切れてしまう、という場合はやはり迷ってしまいます。この両者を比較する方も少なくありません。
基本的には動作が緩慢にならないか、またウイルスの検出力はどうなのか、というのが重要視されますが、この2つ点ではmicrosoft security essentialsのほうが勝っている、という見方をする人は多くいらっしゃいます。しかし、サイト遮断やフイッシングサイト詐欺、ペアレンタルコントロールなどのよりモダンな機能については、microsoft security essentialsでは対応ができません。
つまり、microsoft security essentialsはウイルス防御にのみ特化したツール、と言えるようです。ウイルスバスターではクラウド型、などの新しい機能もどんどん導入されていますので、ウイルスバスターに軍配が上がるケースは多いとおもいます。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: ウイルスバスター, 比較・検討・料金 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク