ウイルスバスターと月額料金

ウイルスバスターには月額版、というものがありますが、これは最近の例ではウイルスバスター2012と同様にクラウド対応で、また1本のライセンスでパソコンが3台まで利用できる、という点も同じようです。
月額料金は420円となっています。つまり1年で約5千円ということになりますが、通常のライセンスを購入するよりは高めです。あるいはアカデミー版などはもっと安くなります。この月額料金に比して、それ相応のメリットはあるのでしょうか?
まず月額版ですから、月ごとに更新になりますが、実はインターネットサービスプロバイダーが提携しているものが主流のようです。つまりプロバイダー料金に一括で請求を済ますことができますので、利用者としてはとても便利です。また期限切れの心配もありません。プロバイダーが途切れればセキュリティの心配も無くなりますし、更新の手続きが不要となれば、プロバイダーに接続していれば常に安心、ということも言えるでしょう。
ウイルスバスター月額版もクラウド版ですから、やはり動作も軽快です。パターンファイルをクラウドに集中して管理することで、特に新しいウイルスに対する検出率が高まります。月額料金が高い、ということで検討する方もいると思いますが、初心者にとってはやはりうってつけです。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: ウイルスバスター, 比較・検討・料金 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク